神社の参道と妖精の写真と緑色の鳥の夢

夢日記

古い神社の参道にいる。天気はよくて気持ちがいい。仲間たちは皆神社に集まって、ここ数日小さな社務所のようなところで寝起きしている。小さな子たちもいる。何かから身を守るために集まっているようだ。6歳くらいの女の子がお花の写真を撮ったといって見せてくれる。ピンク色の花がいくつも写っている写真だ。しばらく見ているとその花たちが急に色が濃くなり、内側からもう一つの花が開くかのようにきらきらと光りだした。それぞれの花の中央には妖精のような生き物が座っていた。私は驚いて「わぁ!すごいね、この写真!綺麗な写真が撮れたんだね、よかったね!!」といった。突然左の頬の辺りにバサバサと鳥が飛んできた。両手で捕まえると大きめのインコのような薄い緑色のとても綺麗な鳥だ。違和感を感じて右手を見るとべったりと血がついている。悲鳴を上げたところで夢が終わった。

タイトルとURLをコピーしました