雨の中の船とピンク色の雲の夢

夢日記

海辺にいる。夕闇の中、水平線にはまだ明るさが残っている。水平線の上の当たりにぽっこりときれいなピンク色の雲が浮かんでいる。とてもやさしくて可愛い感じのピンク色だ。「おー、かわいいなぁ。」などといってニコニコしてみている。場面変わり小型フェリーに乗っている。雨が降っていてかなり揺れているのだが、座席や客室などは浮いた状態になるのか揺れない構造になっている。でも外の座席に座っていると屋根に幌がかけていないところがあって雨をそのまま受けてしまう。これでは全身びしょぬれになってしまう。あわてて後ろの席にいくが空いているところが少ない。3人掛けのいすだが真ん中が空いていたので座らせてもらう。やれやれとバッグから塔の形をしたかわいい大きなガムを取り出して食べた。

タイトルとURLをコピーしました