自転車で二人乗りの夢

夢日記

田舎の海沿いの町にいる。起伏の激しい土地で、神社や遺跡があちこちにあるような町だ。神社の外回りには色とりどりの旗が立っている。もう3時過ぎている。お母さんは夕方までに戻ってこれるだろうか。心配になり自転車で迎えに行くことにする。どこにいるかわからないけれど、いるであろう場所に行くには3通りの道がある。おおよその目星をつけて自転車を走らせる。古い町なのに向こうの丘には巨大な照明がある。何かの工場だろうか。母と会えたので二人乗りで家に向かう。母は楽しそうにしている。

タイトルとURLをコピーしました