少女の歌声と猫と牛乳太郎の夢

夢日記

夢の中でも眠い。どうしていつも眠いんだろう。。姪とコンビニのようなところで買い物をしている。とてもきれいな歌声が聞こえるのでみてみると、姪が歌を歌っている。買い物しながら、鼻歌よりもしっかり歌う感じで。とてもいい声だ、澄んでいてでも甘くて、ずっと聴いていたい歌声だ。思わず笑顔になる。

場面変わりどこかの宿泊施設にいる。布団が敷いてあるが、そこで猫2匹と寝ている。そろそろ起きて30分かかるところにある駅まで行かなくては。猫を起こすとじゃれて布団で遊んでいる。はしゃいで遊びながら、もう行かないと間に合わないよと支度をさせようとする。よくみると猫2匹は二人の牛乳太郎になっていた。

タイトルとURLをコピーしました