あたたかいものを背負う夢

夢日記

何かの生き物を背負ってゆっくり歩いている。なんだろう、猫かな?すごく大きなぬいぐるみのような感じ。人間だろうか、よくわからない。でもおぶった背中が本当にあたたかくって、ああ、しあわせだなぁとうれしくて、にこにこ笑いながら歩き続けている夢。

何の生き物だろう、不思議なあたたかさだった。しあわせだなぁ~。あやさんが生きているころには肩にのせたりおんぶしたりしてよく散歩をしたものです。単なる記憶の再現かもしれませんが、幸せな時間をリアルな感覚で追体験できるのなら、何度でも見たい夢ですね(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました