座敷牢と黒い錠前の夢

夢日記

座敷牢の前にいる。鉄格子には黒い大きな錠前。私はここに仲間とやってきた。二重の鉄格子の奥にある鍵のついた重い箱から何かを盗む。人が来たのであわててそれを左腕の袖に隠す。彼らは同じものを狙うグループだ。綺麗な袈裟をまとった僧侶が廊下を渡ってこちらへやってくる。ここはお寺の敷地内にある隠された離れだ。鍵をかけ痕跡を消して逃げる。そういう夢。床が畳だったがあれが座敷牢というものだろうか?牢というより金庫のようだった。

タイトルとURLをコピーしました