朱い漆の盃と白いお酒の夢

夢日記

直径80㎝くらいの朱の漆塗りのとても大きな盃で、白いお酒をいただく。つぶつぶのあるお酒で、お酒自体はさらっとした感じ。でも甘くて香りがよくて、信じられないほどおいしいお酒だった。今でも香りが残っているように感じるほどだ。

タイトルとURLをコピーしました