畑の夢と手の夢

夢日記

合宿なのか大部屋でみんなで寝ている。友人が隣に寝ているが、手がもぞもぞと私の首の辺りを探る。何か用でもあるのかと友人の方を向くけれど何か違和感が。…離れている。手が届かない距離だ。見ると幼児くらいの大きさの手がますますせわしなく、首や襟をひっきりなしに探る。手だけしか ない。

2mくらいの高さの藁?い草?の広い畑。ここに逃げ込みなさいといわれる。その中を走るけれどもう誰にも会えないような気がしてとても不安になる。むこうに知人がふと見えてあわてて走り寄っていく。明るい顔で、そんなにあわててどうしたんですか?と笑いかけてくるのでほっとして泣きそうになった。


タイトルとURLをコピーしました