銀色のススキの野原の夢

夢日記

空の高い所から滑空して高い山の頂きに降り立つ。なだらかな広い山頂は一面のススキ。穂がキラキラと宝石のように光っている。歩き始めてあまりの高さに足がすくむ。でも落ちる訳ない、大丈夫と歩き続ける。澄んだ青空の下、銀色の光の中を歩いているようだ。今日見たのはそんな夢。

タイトルとURLをコピーしました