声について思う

日記

陽の光がもう春だなと感じます。私は声をほめていただくことが多いのですが、この声を活かしたなにかできないかな?と木漏れ日を見ながら思う今日この頃。

タイトルとURLをコピーしました